MENU

企業のk他の社会貢献|JPAのフィランソロピックアドバイザリー

企業の方へ

社会貢献へのおもいと
ビジネスモデルを理解したうえで、
プログラムの企画・提案を
実施します。

経営者の皆様、人事やCSR部門の皆様からは、以下のような問いかけをいただきます。
「社会貢献をしたいという社員のおもいをどのように受け入れ、育むとよいのか」、
「我が社らしく地域や社会に貢献する方法はないか」、
さらには、「社会貢献することとを我が社の事業として行いたいが、アイディアはないか」など。
JPAはそれらの課題に対する答えを見つけるサポートをします。

私たちJPAは、さまざまな社会課題解決の前線で活躍している方々とのネットワークを活用して
皆さまに有益な情報提供と検討のご支援をします。

ご要望とアドバイザリーサービス例

ご相談者様のさまざまな社会貢献プログラムのご要望にお応えします。

ご要望例アドバイザリーサービス例
社員の社会貢献活動を
促進したい
  1. ①ボランティアや寄附活動へのアドバイス

社員満足度をあげるボランティアやプロボノ活動の企画の設計、実行支援

  1. ②社員による社会貢献活動の促進へのアドバイス

会社によるマッチングなどの他社事例、ツールのご紹介やボランティアに取り組んでる社員の声をもとにした最適な取組みを設計

  1. ③CSRレポートへの効果的な反映のアドバイス
企業としての社会貢献
  1. ①社会貢献活動の差別化

ESR、CSR、SDGsの取り組みを各企業の理念や事業内容などと整合性を取りながら、より大きなインパクトを提供するものへとさらに進化させるためのアドバイス

  1. ②そのようなプログラムの運営支援
利益創出事業として
社会貢献に取り組みたい

事業として取組み可能な社会課題の洗い出しとアドバイス:JPAのリソースとネットワークを活用し、企業の強みを生かした社会問題の特定と事業設計をご支援

アドバイザリー・メニュー

  • 社会問題の
    情報提供や事例紹介

    日本ファンドレイジング協会、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ、ソーシャル・バリュー・ジャパン、ETIC.、などが有する国内ネットワークから情報や事例を収集します。

    • 実際の現場で活躍する方々のネットワーク
    • それらを支援してきている中間支援団体のネット ワーク
  • 設計と運営支援

    さまざまな知見を持つメンバーが、企業の担当者とともに社会貢献活動の提案・設計を行います。

    • 戦略立案の経験
    • 事業立上げ・運営の経験
    • 投資の経験

アドバイザリーサービスの流れ

設計から運営まで、それぞれのニーズに合わせてサービスをご提供いたします。

1

ヒアリング

  • ご相談者様の想いをヒアリング
  • 一般的な事例の共有
2

調査・検討

  • 国内外のJPAが持つネットワークを活用して調査
  • 現地調査の企画、同行
3

設計・計画

  • 社会貢献プログラムの提案
4

実行準備

  • 社内の運営体制構築支援
  • 社会貢献パートナーとの協業支援
5

運営

  • 実効性の評価、支援先の評価
  • CSRレポートへの掲載支援

ご相談から始めませんか?

皆さまのおもいをお聴かせください。
皆さまの大事な資産を最善のかたちで社会貢献に
活用するための方法を私たちの経験、ノウハウ、ネットワークを
利用して、一緒に考えさせていただきます。

ご相談はこちらから

PAGE TOP